乳腺クリニック・道後|愛媛県松山市|乳腺専門医 | 乳腺診療

Menu

乳腺診療(保険診療)

・しこりがある、乳房に痛みがある、乳頭分泌があるなどの自覚症状がある方
・検診などで精密検査を勧められた方
・乳腺疾患の診断を受けている方
・他院からの紹介状のある方
 
上記に当てはまる方は保険診療となります。
3割負担の方では、マンモグラフィと超音波検査と診察(視触診)で、自己負担はおよそ3,580円程度になります。
 
妊娠中や授乳中の乳腺トラブルは、かかりつけの産婦人科にご相談ください。
※自覚症状のない方は『乳がん検診』をご覧ください。

●検査内容

・マンモグラフィ検査
30歳以上で妊娠・授乳中でない方は、原則としてマンモグラフィによる乳房のX線撮影を行います。
検査は、女性技師が行っております。

・視触診・超音波検査
原則として全例行います。妊娠・授乳中でも検査が可能です。

・穿刺細胞診・針生検
視触診や画像診断で良悪性の鑑別が必要な場合はご予約の上、再受診していただきます。
結果は1~2週間後に改めて説明させていただきます。

●精密検査

当クリニックは、「乳がん検診精密検査実施医療機関」としてご利用いただけます。
公共の検診や企業検診にて「要精密検査」となられた方は、検診結果などの書類と保険証を持参の上、お越しください。
 
また、当クリニックにて乳がん検診を受けていただいた方で、必要があれば精密検査も可能です。
以前の画像検査及び精密検査の結果と比較して判定・評価いたしますので、継続して検診を受けられる方は、当クリニックをぜひご利用ください。

●セカンドオピニオン

ご希望される方は、現在の主治医にご相談の上、検査資料(X線写真・超音波検査など)診療情報提供書をご持参ください。完全予約制となりますので、お電話にてお申込みください。
費用は30分毎で、5,400円(税込)です。
 
セカンドオピニオンは直訳すると「第二の意見」です。
主治医の意見を信じないとか他の医療機関に移すことを意味するものではありません。
他の医療機関で診断や治療を受けている方を対象に、診療内容や、治療法に関する意見や判断を提供し、今後の治療の参考にしていただくことを目的に行っております。
 
セカンドオピニオンを受けられる場合は、聞き漏らしを無くすためにも、できればご家族やご友人の方と一緒に聞かれることをおすすめします。

設備の紹介

マンモグラフィ装置 FujiFilm Amulet S
マンモグラフィ装置とは乳房専用X線撮影装置のことです。
当クリニックでは、FPDを搭載した最新鋭のデジタルマンモグラフィシステムを導入。
従来の装置よりも丸みのあるフォルムで圧迫感が少なく、被曝量の低減で検査時間も短縮されました。ノイズの少ない鮮明な画像とデジタル読影システムで乳がんの早期発見に貢献します。

超音波診断装置 TOSHIBA Aplio300
体幹部どこでも検査可能ですが、乳房内の超音波検査を乳腺エコー検査とも言います。腫瘍などの内容物を推測することに有効なこの検査装置にも、最新鋭の高画質デジタルシステムを導入。
この検査は、若年の発達した乳腺にも有効で、X線による被曝がないので妊娠中の方にも受けていただけます。

骨塩定量測定システム FujiFilm +DIP 
当クリニックでは、手骨をX線撮影して解析するDIP法で測定します。
他の測定法より容易で被曝が少なく、クリニック内にて撮影から測定までを短時間で行うことができますので、その日の測定結果を治療方針へタイムリーに反映することができます。
 

Copyright © 2017 乳腺クリニック・道後 All Rights Reserved.